AGAとは

AGAとは男性型脱毛症、Androgenetic Alopeciaの略です。
男性型脱毛症とは、思春期以降に発症する進行性の脱毛症のことで、遺伝的、環境的な種々の要素が関わっていますが、その多くはいまだ不明な点が多くよく分かっていません。
Androgenetic Alopeciaは直訳すると男性ホルモン型脱毛症となりますが、その訳通りに男性ホルモンが関わっているといわれています。
男性ホルモンは胎児期と思春期の男性生殖器の発達に重要なのですが、その遺伝子もまた関係があるといわれています。

父方の遺伝子の影響が、息子への影響が大きいといわれていますが、遺伝子に関しては隔世遺伝などもありますので、一概にそうともいえません。
成人男性の三人に一人はAGAだといわれています。
父方、母方、どちらとも遡ると、薄毛の人は必ずいることになります。
そのため今現在そうでなかったとしても、いつAGAになるかはまったく分かりません。
そのためセルフケアは、健康な状態であったとしても行っておいたほうが無難だといえます。

進行するとセルフケアでは追いつかなくなりますので、お金も時間も必要になります。
そうなる前の早めのケアをお勧めします。
また重度になる前は、たとえ進行していたとしても産毛が残っていることがあります。
産毛があるということは、毛穴自体はまだ生きているということであり、その産毛は太く長く育つ可能性があります。
早めのケアは大切ですが、進行しているからといって諦める必要もないのです。



<特選サイト>
AGA・薄毛の治療を受けられる美容クリニックのサイトです === 薄毛の治療

Copyright © 2014 AGAと飲酒の関係は? All Rights Reserved.